パトカー

刑事事件と弁護士

弁護イメージ 刑事事件とは、傷害、窃盗などのいわゆる「犯罪行為」をしたと疑われる者に対して国の捜査機関(警察や検察)が介入し、捜査を行い、裁判によって刑罰を科すかどうか等の判断を行う手続きのことです。 刑事裁判を起こすことができるのは、検察官のみです。 つまり、刑事裁判とは「検察官VS犯罪を疑われている被疑者・被告人」となります。
自分が弁護士となって弁護をする某有名ゲームで取り扱われている事件は刑事事件ばかりです。 ゲームなので被疑者が無罪なのは一目瞭然、犯罪を本当に犯した人が別にいるので証拠集めも比較的容易ですが、実際はそう簡単にいきません。
万が一、自分や身内、友人などが刑事事件に問われてしまった場合、弁護士さんによって罪の重さなどが変わってくることもあります。 刑事事件が得意な弁護士さんに弁護をお願いすることで、罪が軽減されたりすることもあるので、弁護士選びはとても重要です。 一番は、刑事事件に関わらずに済むことですが・・・。
万が一刑事事件に関わることになってしまったら、参考にしてください。

Contents

  • 刑事事件と弁護士

    刑事事件と弁護士

    もしも自分やその親族が刑事事件に巻き込まれてしまった場合、優秀な弁護士をつけようと考えるでしょう。 では刑事事件に強い弁護士とはどのような方なのでしょうか。 それまでの人生経験の中で一度も起訴されたことのない人にとっては意外かと思われるでしょうが、刑事事件においては無罪を勝ち取ることよりもさっさと終わらせることを考えた方がいい場合が多いのです。

  • 自白を促す弁護士

    自白を促す弁護士

    自ら進んで自白したほうが罰が軽くなったり留置される期間が短くなるので、本当に罪を犯しているのなら正直に話をして反省すべきだと説いてくれるのが刑事事件に強い弁護士さんです。 そして容疑者がそれに従って行動したのなら、「この方は凄く反省しているのでなにとぞ寛大な処置を」と訴えかけるのも弁護士の仕事です。 そもそも刑事事件では容疑者が白か黒かをはっきりさせるようなケースは稀で、充分な証拠が残された状況で話は進行していきます。

  • 弁護士と示談

    弁護士と示談

    容疑者が犯行を認めているだけでは裁判官から寛大な気持ちで判決を言い渡されることはあまりないかもしれません。 刑事事件の情状弁護では被害者に対してどう謝罪をしたか、それが受け入れられているかも大きなポイントになるからです。 きちんと謝っているか、そして納得してもらえたかが重要で、それ無しでは事件解決はスムーズにはいかないでしょう。

  • 依頼者の信頼

    依頼者の信頼

    事件の容疑者になるというのはとても不安なことですのでそれを和らげてくれる、多少なりとも安心させてくれるのが良い弁護士さんです。 自分がこれからどうなるのかわからない、いつになったら平穏な日常に戻れるのかと精神的にも参ってしまいがちなのですが、そんな依頼者の心をケアするのも弁護士の仕事と言ってもいいかもしれません。